読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほろ酔いおやじの諸々ブログ

ほろ酔い気分で食べ歩き、飲み歩き、何ちゃって健康法、釣り、サッカー、旅行、読書などなど、要は気になったことを何でも書いていきます。

近大マグロと転職と@銀座

食べ歩き・飲み歩き

皆さん、こんにちは!


昨日会った友人は今月末で新卒で入った会社を辞め、
4月から新しい職場に移るそうです。

友人といっても年齢的には一回り以上若く、
まだ30前の好青年です。

おっさんに友人と言われると迷惑かもしれませんが…

特に店などは決めていなかったので、
どこに行こうかと、
歩きながら話をしていたところ、
近大マグロのお店を発見しました!


f:id:hisshinohisshy:20170317001751j:plain


f:id:hisshinohisshy:20170317001824j:plain


ということで、近大マグロをいただきながら
転職話を聞くことになりました。

話を聞くと、今月初めに今回の転職先を
エージェントに紹介され、
あっという間に決まったそうです。

3月決算の会社の経理をやっていて
よくこの時期に、
しかもそんな短期間で
退職OKしてもらえたなーと、
ちょっと驚いてしまいました。

私自身はすでに今3社目なので、
転職自体には全く反対する気はありません。

ただし、理由がポジティブなら、というところです

その友人はジョブローテーションの期間が短く、
専門性を高められないということが悩みだった
そうです。

そのため、少し腰を据えて、一つの業務領域を深め、
専門性を高めたいという思いがあったようです。

確かに聞いてみると、4年足らずの間に、
購買、物流、経理、営業、また経理と
回っていたようで、作業に慣れたころには
異動していたそうです。

4年目になっても数カ月単位のローテーションだと
確かに自分のキャリアがどうなるのか、
何を強みにしていくのか、
不安を持つのもわかる気がします。

人材育成の方針がなく、場当たり的な人事政策を
しているように感じてしまうでしょう。

私自身もそのように感じたこともありました。

また、彼は、事業会社で数字周りの
仕事をしたいということで、
学生時代からファイナンスや会計などを専攻し、
某大手有名商社の元役員に代表をお願いして
学生の勉強会サークルを推進するなど、
私とは比較にならないほど努力を
積み上げてきておりました。

そのため、ControllerやTreasuryで
専門性を高めていきたいということでした。

さらに、語学も堪能で(ウラヤマシイ!)
語学力を活かせる職場を探していた
ということです。

就職する前の段階で、
それなりに自分自身に投資をして、
努力をして獲得したものということも
よくわかりました。

今どきの若者はシッカリしてるな~、
と、逆に感心しておりました。

自分自身を振り返ると、
やりたいことがあっても、
やるべきことをやってきたか、
正直自信はありません。

ただ不満を言っていただけだったなー、
と、相談を受けているにも関わらず、
反省しておりました。。。

今の会社、職場が嫌だから転職しようと思う、
という相談はこれまでもよく受けておりました。

単純に嫌だから辞めるというパターンだと
次も同じ理由で辞めてしまう可能性があり、
逆にキャリア形成にマイナスになるかな、
と個人的には思っています。

大抵は愚痴を聞きながら、
辞めるの止めた方が良いということで
話をまとめることが多かったです。

彼の場合は、現職での不満・不安はあるにせよ、
明確なVisionを持ち、それに向けた努力をし、
それに見合うような職場を既に見つけていたので、
特にその点は何も言うことがありませんでした。

彼の今の不安としては、
新しい職場で30前の若造がやっていけるのか、
期待に応えられるのかというものでした。

わからない世界に飛び込むので
当然の不安だと思います。

特に、マジメな優等生タイプなので、
余計にそう感じるのではないかと思います。

なので、今回は、彼自身がこれまで積み重ねた
努力の内容について語ってもらい、
私の貧弱な実務経験と照らし合わせて、
具体的に実務の中でどのように役に立ちそうか、
ということを一緒に考えてみました。

それだけで、だいぶスッキリしたようで、
ほろ酔いの良い笑顔で帰っていきました。

こんなおっさんでもお役に立てたようです。

一先ず、良かった良かった。

で、頂いたマグロ料理はこんな感じです。

f:id:hisshinohisshy:20170317001900j:plain

f:id:hisshinohisshy:20170317001937j:plain

f:id:hisshinohisshy:20170317002007j:plain

f:id:hisshinohisshy:20170317002053j:plain